Home 未分類 • 敏感肌なので刺激の強い化粧品を止める

敏感肌なので刺激の強い化粧品を止める

 - 

 

敏感肌の人の場合は、毛穴が小さくかつ硬いので、少しの量の皮脂によっても目詰まりが起こるのです。

 

これはオイリー肌と同じくニキビができやすい状況なのです。

 

敏感肌の防御システムの機能が低下していますので、外からの刺激に対し敏感で、肌トラブルが起きやすい状況でもあります。とにかくニキビを回避するためにも、保湿の改善が望まれます。

敏感肌を防ぐには、洗浄力がほどほどの、刺激の少ないクレンジング剤をなるべく選びます。落ちにくいところは別の専用リムーバーを使い、お肌を傷つけないようにしてちょーだい。

 

後、洗顔の際もゴシゴシと一生懸命、擦るのはいけません。

 

キメ細かな小さな泡を立てて丁寧に洗い、なるべくぬるめのお湯でしっかりと流して下さい。

元々、ニキビができる原因は汚れた毛穴が、炎症してしまうことです。

 

顔に手で触れる癖がある人はやめて下さい。いつもの状態では手には汚れがまみれていて、その手を顔にもっていくという事は汚れで顔を化粧しているのと同様なのです。

 

お肌のケアのためなら、顔を洗うときには見落としがちな髪の毛との境界線などの部分まで、すみずみまで洗い落として下さい。

 

洗い落とせたら、タオルで弱い力で押さえながら水気をぬぐいます。

必ず、強くこすったりしないでちょーだいね。当然、きれいなタオルを使用することが、望まれます。

デリケートな肌の人は、ダブル洗顔のいらないメイク落としなどで洗顔すると、余計な油脂が残らずに済みますし、しゃきっとします。

 

それでもメイク落としと洗顔フォームの両方を使いたい場合には、ぬるま湯を少しかける程度にとどめて下さい。デリケート肌は、肌の状態が変わりやすいので、その変化に臨機応変に応対していくことがポイントです。

敏感肌改善には化粧品に注意!私の敏感肌改善スペシャルケア

Author:meiko